積みゲー賽の河原


フォセット - Cafe au Le Ciel Bleu -

ショコラ』の感想を上げたので、晴れて丸ねこ三部作のファンディスクも上げてしまおうかと思います。仲間外れにされてる『Ripple』は正直無かったことにして良いのではないでしょうか。今でこそ高評価の戯画エンジンですが、当時はゴミクズで特にUIが最悪だった記憶があります、作品内容はほとんど覚えていませんけれども。

さて、ファンディスクという位置付けの本作ですが、欲しい物が全て収まった本当にありがたいファン垂涎の仕上がりになっております。アフターストーリーやサイドストーリーも本編の雰囲気そのままに、むしろ本編を補完して尚余りある程です。加えて書き下ろしのおまけCGや、過去書き下ろしエピソードのADV化再録、過去のサントラが特典で付いたり(本編をしっかり特典付きで購入している模範的ファンは重複です)、私的にはファンディスクとして過去TOP3に間違いなく食い込んでくると確信しています。
各追加ストーリーやおまけCGを出すのに使うポイントを稼ぐためのクイズモードも、多分ファンなら信仰心が強い程ハマります。途中からポイントを稼ぐ手段ではなくそれ自体が目的に変わり、膨大なポイントを余らせる事間違い無しです。覚えゲーになってだんだん愛が感じられなくなるのが玉に瑕ではありますが。
エピソードのうち、丸戸氏が自ら手がけた「カトレア記念日」「脱カトレア記念日」「里伽子抄」は、もはやこれだけで本作購入の意義があります。怜愛と仁のやり取りはいつだってどこまでも悶え苦しめますし、里伽子のどん底の時期は重苦しいながらも、二人がこうやって何度も苦境を乗り越えていった結果、夏海を抱いた里伽子のあの笑顔と涙があるのだと思うと感慨深いものがあります。もちろん他のストーリーだって、先述の通り各ライターが丸戸氏の世界をしっかり踏襲してくれてますので、ホント隙が無い。

本作にはファンディスクとしての側面の他に、丸ねこ三部作のポータルとしての側面があります。『ショコラ』『パルフェ』『この青空に約束を―』をインストールしておけば、各作品のイベント、音楽、CG閲覧に本編にも付いていなかった立ち絵鑑賞モードまでしゃぶり尽くせるという素敵機能が搭載されているのです。システム的に貧弱だった『ショコラ』にいたっては、この機能でプレイした方が快適という。もう翠と青姦してる最中にエラー停止からの強制終了でイライラしなくて済むというわけです。これがまた丸戸氏のシナリオによく合うから性質が悪い(褒めてます)。氏の場合、一つ一つのイベントの中で毎回オチを付けそれ単体で完結するので、このシステムと親和性が極めて高いのです。さらにホイールクリックを使うとイベント連続再生まで可能という、もうどこまで至れり尽くせりなんだよこれ。

そして戯画製ADV黄金時代の終焉であります。未成熟なエンジンやイマイチにあと三つほど届かないクオリティから『やきたてクロワッサン』レベルの戯画マイン連発の時代(いや、あれは2005年だったか)を乗り越え、せっかく丸戸史明という人型決戦兵器を手に入れたのにそれも本作まで、残念かな以降はマインと呼べるほどの威力すら持たない、毒にも薬にもならないADV作品群を量産する時代に入るのです。ただただ中身が無いだけだから突き抜けたクソゲーで話題になることすら出来ないという。
自分のところでじゃんじゃん製作して鍛えたエンジンが使える、というのがヴューズやラッセルのような同業他社との差別化になっていて、その時点で目的は達せられているからクオリティは二の次、なんて考えているかどうかは知りませんが、本作以降戯画に食指が伸びないのは確かです。最後の希望のBALDRシリーズも、某DreamWrold以降は悲しいことになっておりますし、むしろ丸ねこ時代が戯画の例外的な時代だったということでしょう。

戯画の思惑はさておき、本作がファンディスクとして神懸っているのは疑いようの無い事実であります。ファンにとっては聖典です、マストアイテムです。人生に疲れた時、是非とも持っておきたい一本です。

2017.12.25