積みゲー賽の河原



巨乳ファンタジー2

巨乳シリーズとして押さえるべきところはしっかり押さえています。「ヒロイン全員巨乳」「トントン拍子の成り上がり」「魔族」この三点さえ揃っていれば問題ありません。ただし今回は、前作が面白かったという前提でのプレイになるので、決してそのような意図がなくとも求める水準が高くなってしまいます。特にストーリーに期待がされていなかった前作に対し、最初からある程度の面白さを期待してしまっています。ナンバリングの辛いところです。

個別ルートは無いに等しいです。分岐後即エンディング突入に少々味気なさを感じました。ローレリアなんて、登場後ほとんど何にもしないうちにエンディングへの分岐がありますし、このあたりの構成はちょっとまずいんじゃないかなあと。ナディーヌは個別エンディングありませんし、一方ではエリュシアにだけは個別ルートがあったり、もっとみんなを平等に愛してやれよと格差を感じる作りです。もしやまた外伝でも出すのでしょうか。

エロシーンについても、毎度のことながらパイズリばっかりです。似たシーンが多いので正直飽きます。巨乳ライターを名乗るわりには乳への探求心が足りていません。揉んで吸って挟んでおけばとりあえず問題あるまいという思いが見え隠れするのですが、企画・シナリオの鏡氏はそのあたりどうお考えなのでしょうか。また、エロシーンを連続させるのも勘弁していただきたいです。特に先の展開が気になる時にやられると困ります。先が気になる展開が用意されているだけに辛いです。

トントン拍子の出世劇は今回も健在です。何をしても「大物だから」で片づけられてしまった前作と違い、本人が意図して行ったことがしっかりと成果として現れる事が多いので、何故その功績をあげる事が出来たのかが明確になり、出世にも納得がいくようになっています。しかし、本人が意図して行っているため、王立修道院ぶっちぎり最下位という触れ込みと違和感がありました。ちゃんと実力も伴いつつ出世している感じです。『外伝』のときのリュートに近いです。ホント、なんで最下位だったんでしょうか。同期からは上位二人と最下位の主人公しか出てきませんが、果たしてその中間層の連中はいったいどれほどなのか、気になるところです。

しかしながら、面白くなかったかというと、そんなことはありません。十分に面白かったと思います。ただ前作『巨乳ファンタジー』の衝撃が抜けきらないのです。ナンバリングタイトルのデメリットです。先に述べた通り、押さえるべきところは押さえてますし、ラストの展開も非常にワクワクしました。今回も主人公はもしや、とあれだけ思わせぶりな出し方をしていた正体には肩透かしをくらいましたが、あれくらいの適当さでいいと思います。過度にユーザーの「巨乳シリーズとはかくあるべき」という要望を取り入れすぎると、かえって良いものは出来ないでしょう。あくまで素人の意見ですから。その要望から使える部分を拾い出していくのがプロの仕事です。アンケート結果を重視するようになったWaffleにはそのあたり気をつけていただきたいです。まあ所詮これも素人意見なのですけれど。ナンバリングで損してるなあという一本でした。