積みゲー賽の河原



紅殻町博物誌

希式インチキワールド全開です。お恥ずかしい話ですが、山形県に紅殻町という地名探しました。当然、影も形もありませんでしたが。

こちら側と向こう側の対比が実に面白いです。こちら側というのは我々の常識である現実、向こう側というのは希氏のインチキワールドを指します。山形県というこちら側の現実世界と、紅殻町というインチキ世界。そして紅殻町自体も地下の河原が紅殻町というこちら、ここではないどこかという向こう側の境界となっていますし、本紅という舞台装置も、インチキワールド的な現象と現実との境界を作り出す役割を担っています。極論すれば、本作はこのインチキワールドにどっぷりとつかり込んで「なんじゃこりゃ」を楽しむための作品とも言えるでしょう。分からないって楽しいです。

ヒロインについても2:2の対比が目立ちます。本紅の引き起こす騒動に巻き込まれた際、インチキワールドに行った2人行かなかった2人、学生の2人成人の2人、黒髪の2人そうではない2人、エンディングでここではないどこかへ渡った2人残った2人、処女の2人非処女の2人、 etc.このあたりに深い意味があるとは思いませんが、遊び心は感じます。所詮彼女たちもこの町の従属物に過ぎないということです。少なくとも、彼女たちがセールスポイントとなるタイトルではありませんので。なにせ紹介ページのトップなのにヒロインの画がないですくらいですし。(Railはこのパターン多いです)

本作、ストーリーは一本道です。私個人的にはナイス構成だったと思っています。別にヒロイン個別ルートで作っても良かったんじゃないの?という意見あるかと思いますが、あくまで本作メインは紅殻町ですので。戦術のとおりヒロインは添え物です。エンディングの構成が、どのヒロインを選んでも大筋では一緒というのもきっとそのせい。いや、断じて手抜きではなくて。ラストは紅殻町の秘密を明かすことに意味があったわけで、別にどのヒロインだろうと目的を果たせれば問題ないのです。まあ、体裁整えるために4人ヒロイン出しちゃったし?じゃあとりあえず個別のエンドくらいは用意しとく?位のノリだったんじゃないかなあと私真剣に考えてます。

世界観のワクワク度でいえば、Railでも屈指の一本でした。