JK家政婦はミタ肛門 感想

『家政婦は見た』と『家政婦のミタ』『水戸黄門』が混ざって非常にカオスなタイトルです。しかも作中でパロってるのは『家政婦のミタ』だけという出オチにも程があります。期待通りです。たまに猛烈にどうしようもないソフトをプレイしたくなることがあるのです。

グラフィックが思っていたより綺麗でいい感じでした。綺麗なだけではなくエロさも出ててかなり好みです。エロいって大事だと思います。綺麗なだけで全くエロさを感じない絵っていくらでもありますし。本作唯一の褒めるところです。

エロシーンはタイトルほど肛門への執着を感じません。基本的に指で弄るか舐めるかのみです。といいますか、肛門にはチンコ突っ込まないです。このタイトルで思い切ったことをしました。確かにエロシーンでは毎回のように肛門弄っていますが……。

話の平坦さが半端じゃないです。エロシーンこそグラフィックの力を借りてエロい出来になっていますが、シナリオは清々しいくらいに何もなしです。延々とミタさんにエロい「業務命令」を繰り返すだけでした。いかにもパロディ作品っぽいキャッチーなタイトルつけたわりに、パロディ部分があまりに薄っぺらいです。「業務命令とあらば何でもする」ということで、じゃあエロい命令をしてみようっていう、本当にただそれだけです。ミタさんのキャラの背景も、おまけ程度に触れるだけなので、薄っぺらさを助長しています。主人公が作中でミタさんの過去を知りたがっていただけに、どうしてそこを投げっぱなしにしてしまったのか。そこ掘り下げただけでも、もう少し何とかなったでしょうに。せめて『家政婦のミタ』を全部見るなりすればいいのに、多分それすらしてないんだろうなあというのがひしひしと伝わってきました。

ひどい手抜き作品でした。これでグラフィックがよくなかったらと思うと恐ろしいです。本作、もしグラフィックが悪かったら本当にただの手抜き系のクソゲーですもん。さすがの私も「今日はミタさんにこんなエロい業務命令をしよう!」を延々続けた挙句、ある日突然いろいろ投げっぱなしにしたままエンディングを迎えるソフトを擁護は出来ません。クソゲーは嫌いではありませんが、手抜きによる退屈系のクソゲーは本当に救いがありません。ただ、グラフィックだけは本当に好みだったので、それだけで少し許せてしまうあたり、原画家起用の重さを感じた一本でした。