積みゲー賽の河原



びっちンびーち~理性ぶっ飛び!ぶっかけ中出しハメハメあへ夏物語~

まさかこんなところでこのお方が働いていらっしゃるとは思いもよらず。嘘屋佐々木酒人氏がシナリオを書いていらっしゃいます。私の好きなライターさんだけに、見落としていたのはショックでした。急いでこのブランドの作品買い集めます。

酒人氏を持ち上げておいてなんですが、シナリオなんてあったもんじゃありません。ただエロシーンがあるのみです。しかし、エロシーンだけではヒロインのキャラを立たせることが出来ないので、過去のエピソードでそのあたりを補っています。エピソードといってもそんなにたいそうなものではなく、たんなる自分たちがやってきたエロい事自慢です。酒人氏の言葉を借りれば「武勇伝」とのこと。確かにしっくりきます。またこの武勇伝がエロいです。作中でCGが用意されていたり、ということがないのが実に惜しいくらいです。正直なところ本編よりもエロいかもしれません。

システムがどうも古臭いです。どこか懐かしさを感じられてむしろ私は良いなと感じました。ただ、一部のシーンで前に表示されたテキストが消えずに薄く残って新しく表示されたテキストの邪魔をするのが残念でした。また、一周では全てのシーンを回収できない作りになっており「手っ取り早くエロいことしようぜ」という本編のノリとのズレを感じました。本編では一日しか描かれない都合上、そのあたりでシーン数を稼がなくてはならない事情があったのかもしれません。

エロシーンは実にバカです。エロい事をするとヒロインがバカになります。最初は言葉遊びのようなやり取りや、先述の武勇伝が中心になりますが、シーン後半になるにつれてバカになります。私があまり好きではない実況系のエロ台詞なのにそこまでイライラしませんでした。()内でのモノローグが多かったですし、貞操観念皆無という設定、何より自前でバカなことをやってるなあと感じられたのが良かったのだと思います。やってること自体もちゃんとエロいですし。JCらしい創造力豊かなプレイが目白押しです。

しかしながら、嫌味のないビッチたちです。男に依存するために流されるまま関係を持ってしまうタイプの受動的なビッチではなく、しっかりと自分を持った上で後腐れのないSEXをしてくれるので実にサッパリしています。女漁りをするナンパ男に近い部分があると思います。ナンパ男でかつ、ナンパ男ほど見ていてイライラしない。実に男前です。

いろいろと想定外ばかりのソフトでした。まさかの酒人氏。まさかの一日のみ。そしてまさかのJC。そう、ヒロインは皆JCなのです。間違っても女子中学生の略ではありません、きっと。だって、あんな立派な体の女子中学生なんて……。発育良すぎて素敵です。今までありそうで、実際存在していたのでしょうが、そんな内容を適当にお約束で済ますことなく、しっかり酒人テイストに仕上げてくれた一本でした。